プロミス

安全なキャッシングで女性も安心のプロミス

女性だからとキャッシングが利用出来ないことはない

OLの方でも、キャッシングサービスを利用したいなと感じることはあるのではないでしょうか。消費者金融という言いますと、どうも敷居が高い気がして、OLの私がそういったところと契約するなんて、という思いになってしまう方も多いかもしれません。

 

しかしながら、銀行系、信販系のカードを持っていたとして、そのカードにもキャッシング機能がついていたので、どうしても必要な時だけ使った、という例もあるのではないでしょうか。消費者金融のプロミスなどで契約してキャッシングサービスを利用するのではなくて、もともと持っていたカードの機能のひとつとして、お金が借りられたから使ったというケースですね。

 

そういったところから、キャッシング利用の便利さを知る、という部分もあるかもしれません。そこから発展して、キャッシングサービス専門のカードを持つようになるということもあり得ます。

 

今や、OLの人でも、主婦でも学生でも、キャッシングサービスを利用できるようになっています。正社員で働いていなくても借りられる時代になっているので、臆することなく借りることができると思ってよいでしょう。自分できちんとお金を管理しながら利用して行けたらいいですよね。

 

プロミス利用に適する人はどのようなタイプか

キャッシングをするのに資格があるわけではありませんが、キャッシングをするのに適している人というのはいます。それは定期的な収入がある人です。お金を借りるには必ず返済がついてまわりますから、この先まったくお金が入るあてのない人がプロミスキャッシングをするには不安があります。その点、給料まで一時的にしのぐための現金が欲しいと言う人であればキャッシングは貸す方も借りる方も気が楽です。

 

そもそもプロミスなどのキャッシングは小額の個人融資ですから、生活資金の一時的な補填のために利用する人がほとんどです。借り入れできる限度額も、その人の収入で返済が十分可能である額に限られますので、たとえアルバイトでもパートでも、決まった収入がある方が有利です。

 

プロミスでも返済が遅れると利息がつきますし、何より1度返済が滞ると次にキャッシングを利用したい時に思った通りに貸してくれなくなってしまうこともあります。

 

たとえ決まった収入が無い人でも、自分で予定を立てて確実に返せる額をキャッシングすることです。返済プランを事前に考えましょうとよく言われるのはこのためです。もちろん貯金がある、株式のような有価証券があるなど、返済に充てることのできる現金がある人であればキャッシングするにはより適しています。

 

多額の融資額を望むなら総量規制を理解しよう

多額の融資を期待してカードローンに申し込む場合は、総量規制という法律を理解しておかねばなりません。これは年収の3分の1までに借入総額が制限される仕組みです。たとえば、年収が900万円の方であれば、300万円までしか融資が受けられないということです。もっとも、総量規制の対象となるのは、貸し金業法のもとに貸付を行っている個人の無担保ローンです。

 

消費者金融業者などがこれに当たりますが、銀行法のもとに貸付を行っている銀行のカードローンなどは対象外になります。ですから、銀行であれば、年収の3分の1を超える融資を受けることは可能です。ただし、これは理論上、借りられるというだけの話で、実際に銀行で年収の3分の1以上を借りるのはなかなか大変です。

 

特に最初の契約時に総量規制以上の融資額を得るのは難しいかもしれません。こんなときは、できる限り継続的に銀行カードローンを利用して、借入と返済を繰り返し、銀行からの与信を高くした状態で、融資額のアップを申し込むことをオススメします。

 

銀行側も当然、利息による利益を得たいわけですから、信用度の高い顧客に対しては貸し出しが甘くなります。場合によっては銀行側から融資の増額を提案してくることもあるでしょう。

借金を一本化して返済負担を軽減できる頼もしいローンサービスが、おまとめローンと呼ばれる借金一本化専用のローンサービスです。借金を一本化することで、取り立てや返済期日に対する負担が軽減され、収入の中から計画的に返済を続けていくことが可能になる、多重債務にお悩みの方にはぜひ利用してほしいサービスです。

 

おまとめローンを利用すると、借入金を多重債務の返済に充ててローンの借り換えをすることで、複数業者からの借金を整理することができます。高金利の業者からお金を借りている場合、金利の低いおまとめローンに借り換えることで金利負担を軽減し、借金総額そのものを圧縮することも可能です。

 

おまとめローンでは、一本化した借金を分割で返済していくことになります。借金総額にもよりますが、一般的には3年~5年で完済を目指すことになります。毎月の返済金を少なくしたければ返済期間を延ばすことも可能ですが、返済期間が長くなるほど金利支払いの総額も増えてしまいます。なるべく返済総額を減らすためにも、短期間での完済を目指しましょう。

 

一本化したからといって、借金そのものがなくなるわけではありません。整理・一本化しただけで満足せずにきちんと計画的に返済を続けることが大切です。
オリックス銀行カードローン

続きを読む≫ 2014/11/02 13:01:02

普段の生活において急な出費が必要な場合は、キャッシングを利用する方法が取れます。さらに審査のスピードは全般的に早い為に、迅速に対応できる可能性が大きいです。特に即日融資で来店も不要であれば、短い時間で必要な資金を得る事ができます。また審査の基準も比較的緩やかな事から、安心して申込ができるようになっています。

 

その上に消費者金融の中には無利息サービスを行っている業者もある為、利息に抵抗がある人もスムーズに借りる事が可能です。もし給料日前に借りて次の給料日に返済できれば、実質の利息負担は最小限に済みます。しかも何度も無利息サービスを利用できる業者もありますので、積極的に活用する価値は十分にあります。

 

このようにキャッシングのメリットは多く、できる限り有効に利用する事が望ましいです。ただし無計画に借りる状況が続くと、返済が遅れるリスクが生じます。その結果として延滞金が加算される上に、今後の審査にも通らない場合が増えます。

 

そこでキャッシングを行う際には、収入の範囲内で借りる事が大切です。また返済シミュレーションを使う事で、適切な返済計画が立てやすくなります。できれば消費者金融の担当者と相談して借りる方が、確実な返済に繋がる確率は高いです。
土日のプロミス

続きを読む≫ 2014/11/02 13:01:02

個人が金融機関から借り入れるときには、たいていは何らかの利用目的が定められます。例えば、個人で借りる事のできるローンの中でもっとも金額の大きいのが住宅ローンだと言われていますが、住宅ローンは住宅を取得するためにしか使うことはできません。

 

住宅を建築する費用や、あるいはそのための土地を購入する場合など、住宅の取得に関連したものでないと借りることはできないのです。自動車ローンは自動車を購入するためにしか使う事はできませんし、学資ローンなら学費など学業に関するものにしか使う事はできないのです。カードローンが優れているのは、たいていは目的が限定されていないからでしょう。

 

例えば、遊興費に使う事もできますし、仕事に必要なものを購入するためにも使うことができます。極端に言えば、例えば借り入れをして宝くじを買ったり、あるいは競馬につぎ込むこともできます。日常生活の色々なものに使うことができますから、いろいろなシーンで役に立つでしょう。ただし、制限がある場合もあります。

 

例えば、事業目的の資金としては使うことができないとことがあります。また、違法行為を行うためには用いることはできません。このような制限はありますが、日常生活で必要となる資金ならたいていは使うことができるでしょう。

続きを読む≫ 2014/11/02 13:01:02

最近よく見かけると感じるのがカードローンや消費者金融のCMや広告です。これはテレビだけのことではなく、ネットでもよく見かけるようになったと感じます。それだけ多くの金融機関が広告に力をいれているということなのでしょう。金融機関がこのローンに力をいれるのは、なんといってもこのローンを利用する顧客が増やせる可能性が多いといったことがあると感じます。

 

何しろ資金の使用目的を特定していませんから、どのような借り入れも対象となるわけです。無担保での借り入れが可能ですから、このローンは非常に利便性の高いローンといってもいいでしょう。このため、利用者にとっては非常に魅力的なローンとなっているといえます。利便性のよさもそうですが、迅速な審査といったようなこともあるのかもしれません。

 

ただ、利便性がいいということは、それだけ自己管理が必要ということを意味しているともいえます。テレビのコマーシャルでも流れていますが、このローンの重要なところは計画性にあります。しっかりとした返済計画を立てて、そのとおりに返済できているかどうかをチェックしながら利用をすることが重要となるのです。

 

何事においても、利便性がいいということは、それだけ自己管理が求められることになるということです。
オリックス銀行カードローン保証会社は?

続きを読む≫ 2014/11/02 13:01:02

借り入れを申し込んだ際には、必ず審査があります。審査基準は様々あり、それが開示される事はありません。今回は融資が出来ませんと言われても、その理由は教えてもらえないので、どのような審査がされているかどうかは定かではありません。しかし、審査が通らない理由はいくつか挙げられます。

 

まず第一に、個人信用情報機関を通して、過去にどれだけ借り入れをしてきたか、返済はきちんとしてきたかなどの全ての借り入れに関する情報を調べられます。これらの情報は5年~10年は保存されますので、返済の延滞など事故記録は作らないようにする事が大切です。ここで、自己破産などの債務整理をした記録が残っている場合には、審査が通る事はありません。

 

また、すでに借り入れている件数が多くある場合も審査が通りづらくなります。金額の多さではなく、何社から借り入れているかのほうが重要視されます。次に、一度に複数の業者に申し込みをしている場合です。お金に困っている時には、早く結果が知りたいので、一度に申し込みを行ってしまいがちですが、これがとても心証が悪いのです。

 

そして、勤続年数が極めて短い場合や本人確認が取れない場合も審査が通りづらくなります。借り入れの申し込みをした際に、ほとんどの場合、電話確認が入ります。その電話に出られないと審査に通りづらくなるので、注意しましょう。

続きを読む≫ 2014/11/02 13:01:02