なぜ審査に落ちてしまうのかを理解する

借り入れを申し込んだ際には、必ず審査があります。審査基準は様々あり、それが開示される事はありません。今回は融資が出来ませんと言われても、その理由は教えてもらえないので、どのような審査がされているかどうかは定かではありません。しかし、審査が通らない理由はいくつか挙げられます。

 

まず第一に、個人信用情報機関を通して、過去にどれだけ借り入れをしてきたか、返済はきちんとしてきたかなどの全ての借り入れに関する情報を調べられます。これらの情報は5年~10年は保存されますので、返済の延滞など事故記録は作らないようにする事が大切です。ここで、自己破産などの債務整理をした記録が残っている場合には、審査が通る事はありません。

 

また、すでに借り入れている件数が多くある場合も審査が通りづらくなります。金額の多さではなく、何社から借り入れているかのほうが重要視されます。次に、一度に複数の業者に申し込みをしている場合です。お金に困っている時には、早く結果が知りたいので、一度に申し込みを行ってしまいがちですが、これがとても心証が悪いのです。

 

そして、勤続年数が極めて短い場合や本人確認が取れない場合も審査が通りづらくなります。借り入れの申し込みをした際に、ほとんどの場合、電話確認が入ります。その電話に出られないと審査に通りづらくなるので、注意しましょう。